白い歯と黄ばんだ歯

どちらのほうが清潔感を感じますか?

 

白い歯は、みんなの憧れです!

 

あなたの歯の色は今どんな色でしょうか?

 

もしあなたの歯が真っ白ではなく黄ばんでいる状態でしたら、是非このまま読み進めてみてください。歯が命なのは、芸能人だけではありません。

 

歯が黄ばんでしまっている人は、まず歯が黄ばむ原因からチェックしていきましょう!

 

 

歯は表面のエナメル質、象牙質、セメント質で構成されています。

歯が黄ばんで見えるのは2つの原因が考えられます。

一つ目の原因・エナメル質に着色している。

2つ目の原因:象牙質が黄ばんでいる。

 

なぜ歯が黄ばむのでしょうか?

歯が黄ばむ原因は4つあります。

 

①加齢

だいたい小さい子供の歯は、ホワイトニングなどしなくても白いはずです。

一般的に老化とともに、歯は徐々に黄ばんできます。

これは、エナメル質が、加齢とともに段々とすり減って薄くなり、象牙質が分厚くなっていくことが主な原因です。

 

②抗生物質

マイコプラズマ肺炎になった際に良く服用する「テトラサイクリン」系の抗生物質の影響で歯が黄ばむ場合があります。

 

③食べ物・飲み物・たばこ

カレー、ケチャップなど色素の濃い食べ物やコーヒー赤ワインなどの飲み物による色素沈着や、たばこのヤニなども原因の1つです。

 

④歯の乾燥

口呼吸などによって、歯が乾燥すると歯が黄ばむ原因の一つです。

 

 

歯が黄ばんでいるせいで、こんな残念な結果に・・・

 

どんなにイケメンでも不清潔に見えてしまう

どんなにバッチリオシャレしてもなんか決まらない

老けて見える。

モテなさそうに見える。

 

 

黄ばみを防ぐためには、どうすれば良いでしょうか?

 

まず、色素の濃いものを 飲食しないようにするのが一番ですが、そんなことは、不可能です。

 

色素の濃いものを飲食した際にうがいやブラッシングをしたりすることをおすすめします。

 

ただ、すでに色素沈着してしまって黄ばんでいる歯はこれだけでは白くすることができません。

 

では、どうしたら黄ばみを取ることが出来るのでしょうか?

 

ホワイトニングをするしかありません!

コメント

コメント

SHIROKUNARI-NAのご購入はこちら

SHIROKUNARI-NAの購入はこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事